So-net無料ブログ作成

*お知らせ*

★単科講座のお知らせ
*岐阜・単科 12/10(満席)・1/21・1/28・2/18・2/25(日)
*名古屋・熱田教室 12/3(満席)・1/14・2/4・3/4(日)
午後1時~2時半/作文講座、午後3時~4時半/読解・意見文講座
1講座 3,000円 (2講座連続受講可能)
お申し込み・お問い合わせは教室のHPよりお願いいたします。
皆様のご参加、お待ちしております!
前の10件 | -

GIFU LABO さんから取材を受けました [お知らせ]

岐阜の元気ある会社を紹介する、「GIFU LABO]さん。
少し前に、取材を受けていました。
ちゃっちゃっと研究室の概要だけ聞いて、
それでまたちゃっちゃっと記事を書くようなものかな、と思っていたら
(無料で載せる、というところは、そういうところが多いですね)
ずいぶん細かく、長ーーーい時間をかけて、話を聞いてくれました。

そして、記事もやっぱり丁寧に、
印象良く書きあげてくれました。
私の言葉そのままではないところもありますが、
伝えたかったことは伝わっていたんだな、と感じる内容でした。
ありがたいばかり!
私ではない人が語ってくれた、研究室のこと。
違う側面が見えるかも?
ご一読いただけると幸いです。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:学問

花まるをもらえた講座 [教室]

12月3日は名古屋単科でした。
作文課題は、自分を含めた家族の姿。
説明するのではなく、場面で「家族」を見せてね、と伝えました。
「ドラマ」で書くつもりでね、と。
読解・意見文課題は、「0」の読解。
かなり昔に実施した課題です。先月の岐阜単科でやってみたら、
非常に面白い見解を皆が出してくれたので、
名古屋の子たちはどう言うのかな? と行いました。

月1回でも、続けてくれると文章が変わります。
作文課題で印象的だったのは、双子の作文。
教室まで電車で来てくれたのですが、
電車の窓から見える景色が、びゅんびゅんと流れていくさまを
それぞれの感覚で、見えるように書いてくれました。
二人とも同じ「車内の様子」をドラマ化したのに、
主におくものも描き方も違っていて、
二人の「得意」の違いが生かされた作品になっていました。

読解・意見文では、「0」が何を表すのかをまずは討論。
0は、「ない」ということだけではなく、基準や区切りでもあること、
「ない」ものはあるのか? ということ、
そもそも「ない」って、どういうことなのか? ということ、
人はなぜ基準を設けたがるのか、ということ。
メンバーが違うと討論の展開も違います。
岐阜とはまた違う論戦になりました。

「じゃあ、それぞれの『0』の意味するものを書いてみて」
と、原稿用紙を渡したら、
すごいですねぇ、皆黙々と書くのです。
あたりまえですが、教室での作文は、「討論のまとめ」をするものではありません。
討論で出たことをふまえて、新たな展開に挑んでほしいと伝えてあります。
だから、私のテキトーなホワイトボードのメモ書きを見て写す人はいません。
(そもそも私のメモは断片的で、そのままでは使えません)
皆、自分の中にあるものと対話するかのように考え、書き進めています。
そのさまは、少し異様でもあり見事でもあり。
この人たちは、なんてすごい力を持っているんだろう、と思って見ていました。

案の定、どの人の作文も読みごたえがありました。
ある中学生の作文が、丁寧に論を深めていくものだったので感心していたら
「この一年で一番頑張った」と、
少し照れ臭そうに、少し誇らしげに、伝えてくれました。
今年最後の単科だったから、一番いいものにしたかったようです。
彼女のその気持ちがうれしくて、
ああもうなんか、ほんとうにありがとう! という気持ちになりました。

他にも、この一年の中で、いい変化を見せてくれた人がたくさんいます。
作文がすきではなくて、ほめられた言葉をいつも使っていた人は、
講座に来るようになってから、成績が上がった!と言い、
用いる言葉も表現もうんと幅が広がりました。
ささっと仕上げるのが常だった人は、
少し立ち止まって、自分の「ほんとう」を入れ込むことをし始めました。
もともと語ることも考えることも好きだった人は、
毎回「今までとは違うものを」と意識して、
深く切り込んだり逆の考え方を試したりしてくれました。

私の講座は、自分だけでは進んでいけないものだと強く感じました。
皆の挑戦があってこそ、こうやって続けていけるし、
続けてもらえるんだと思います。
今年も単科にご参加いただきありがとうございました。
今度の日曜は岐阜の単科です。
こちらでも、皆の挑戦を後押しできることをしたいと思います。

ところで!
講座が終わって、「また来年!」と言って帰った生徒の一人が、
すぐに教室に引き返してきました。
「先生、月がすごくきれいです! 見て帰ってください!!」
一歩外に出て、大きな満月が目に入って、その美しさと見事さに
「共有しなくちゃ!」と思ったんだそうです。
こういう生徒がいること、私に花まるがもらえたようで、本当にうれしい。
私が皆につける花まるよりも大きな花まるを、私は皆からもらっています。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:学問

単科について お知らせ [お知らせ]

いつも講座にご参加いただきありがとうございます。

単科についてのご連絡です。

名古屋・岐阜ともに、いつもたくさんのお申し込みをいただき、
誠にありがとうございます。
毎月参加を希望してくださる方も増え、
満席となる月が続くようになりました。
お申し込みをお断りしてしまったこともあります。
働きかけの時間を、と望んでくださったのに、
本当に本当に申し訳ありません。

できればこの状況を改善したいと思っています。
そこでとりあえず岐阜の本研究室では、
月1回の単科を、2回に増やしてみることにしました。
名古屋の方は、貸し教室を利用しているので
簡単には増やせません。
それで定員を10名から、以前の12~13名に戻すことにしました。
コメントをつけるのに時間を要すようになりますので
名古屋の場合は、90分授業を105~120分にさせていただきたいと思います。

終了時刻が遅くなります。
早めにお帰りになりたい場合は、
その旨お知らせください。
先に作文を見たり、郵送にて返却したりなどの対応をとらせていただきます。

今やことばの表現力の重要性は高まるばかりです。
それにお気づきのかたが、研究室の活動を望んでくださることに
深く感謝申し上げます。

なるだけ機会を持っていただけるよう、
これからも工夫してまいります。

今後もことばの泉 作文研究室をどうぞよろしくお願いいたします。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:学問

かおりさんの作品 [つれづれ]

鈴木かおりさんの作品が届きました!
わがままを言って、納入の日には
この部屋を作ってくれたHTインテリアオフィスの
松本さんにもおいで願って
ベストポジションに絵をかけてもらいました!


小さなその銅版画は、
絵のサイズにしては大きめの額に入っています。
見る人に絵の世界に没入してもらいたいから、という
かおりさんのこだわりです。
絵のすぐそばに額の枠があると、
その枠が世界に入り込むのを邪魔しそうに思うのだそうです。



たしかに、壁にその額をかけた瞬間に、
枠と絵との間の空間が奥行きとなって
壁の向こうにその絵の世界がある感じを受けました。
まだ向こうに何かあるよ、
そういう様子がこの部屋でやることに通じている気がします。



絵のタイトルは「樹」。
葉と実を枝いっぱいにつけています。
そして、小さな小鳥が2羽。
葉に紛れるようにとまっています。
木の根元から立ち上る靄が、この樹が
ここではないどこかで、
どこかではないここで、
息づいているように思わせます。



この絵を手に入れてよかった、と
改めて思いました。
私がこの場でやりたいことを表しているような作品です。
ずっとずっと、この絵とともにやっていきたい、と思いました。
そして、ここに来る人の心にも、
この樹が育ちますように、とも願いました。



一度見においでください。
遠くて無理、のかたのために。
写真を載せておきます。
 でもすみません、画像の編集に失敗しました。
あんまりよい写真ではありません、お許しください。
やはり、本物をこの場で見ていただくのが一番ですね。


 


かおりさんの絵1.jpg


 


 


かおりさんの絵3.jpg 



nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:学問

nakaniwa さんのこと [つれづれ]

研究室の工事中、部屋では打ち合わせができなかったので、
専らすぐ近くのカフェで人に会ったりいろんなことを決めたりしていました。
研究室ができてからは、久しぶりに会いにきてくれた友人や元教室生と、
そのカフェでランチやお茶。
いつもお世話になっています。
いつの間にか、カフェのかたも私の顔を覚えてくださいました。

そのカフェ、nakaniwa さんですが、
とっても美味しいフードメニューが9月末で終了となるそうです。
キッシュ+サラダ+南瓜のスープの大好きなセットがもう食べられないとは!
では食べおさめ、と思って先日訪ねたら、
カフェに漂っていたのはカレーの香り。
その日は香りに負けてカレーをいただきました。

これからは、カフェメニューを充実させていくそうです。
それももちろん楽しみですが、
あのキッシュがいただけなくなるのはやはり惜しい…。
お近くの方、終了前にぜひお訪ね下さいね。

これからもきっとnakaniwaさんにはお世話になります。
居心地のよいカフェが近くにあるというのも、
この研究室を作ってよかったことの一つです。
結構大きな一つですね。
人が丁寧に淹れてくれたものをいただくというのは、
ゆるやかな力をもらえる気がします。

nakaniwa さんのHP
http://pand-web.com/nakaniwa/


nice!(0)  コメント(2) 

今日はのんびり [つれづれ]

今日は、講義の前に少しお出かけ。
友人の個展が八事のギャラリー ノイボイにて開催されていたので
お邪魔してきました。
ずっと眺めていたくなる色合い、
絵の中の形のささやきあいに耳を傾けずにはいられない作品たち、
そして友人の、ゆったりとした
でも熱のこもったことばの数々、
どれも心にすっと入ってきて
いつもとは違う時間を過ごすことができました。

彼女の作品がどうしても1点ほしくて、
今回のではなく、前の作品の中で小さなサイズのものを1点、お願いしました。
研究室に飾ります。
どこに置くかは内緒です。
楽しみにしていてください。…といっても、少し先のことになりますが。


友人は銅版画の作家、鈴木かおりさんです。
ギャラリー ノイボイのHP
http://www.noivoi.com/index.html
今週末、9月24日までの開催です。
よろしければぜひ、足をお運びください!

image-20170920184959.png

nice!(0)  コメント(0) 

10月単科のお知らせ [お知らせ]

夏の間、一度も更新しないままでした。
反省・・・。


いくつか書きたいことがあるのですが
どれから書けばよいのやら・・・
決めかねるので、ともかくまずはこれからのことを。


単科は、ありがたいことに岐阜も名古屋も満席となる月が多くなりました。
夏休みに初めてご参加いただいたかたも
そのまま続けておいでいただけていて、うれしいばかりです。


岐阜の単科は、9月の単科開催前にかなり埋まり、
開催日当日には残席1という状態でしたので
急遽、もう1日設けることにしました。

岐阜単科・追加日/10月29日(日)

10月22日は満席になりました。
名古屋(10月1日)は、若干ですが空きがあります。

夏が終わって、ようやくこれからのことを考える余裕が少しできました。
今のうちに、やりたかったことをやっておかないと!と思っています。
ブログもまた再開しなくては・・・!
有言実行を心がけたいと思います。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:学問

2017年夏季講座、締め切ります。 [お知らせ]

いよいよ明日から講座開始です!
指導に専念したいため、講座へのお申し込みは締め切らせていただきます。
たくさんのお申し込み、誠にありがとうございました。

来年度は夏季講座の実施の仕方を
大きく見直したいと考えています。
「研究室」らしい講座のラインナップへ変身!したいと思っています。

この形態での指導は今年でいったん区切りをつけます。
だからこそ丁寧に、悔いなく、
来年につながるものを見つけられるような指導をしたいと思っています。

ご参加の皆さん、
この夏の暑さに負けない皆さんの言葉と思索を、楽しみにしています!!


感想文講座を受講予定のかた、取り組む本をお知らせください! [教室]

夏季講座の準備に追われているうちに
夏休みに入ってしまいました!
気づいたら7月、一度も更新していない!!

いやはや、情けない限りです。
でも、夏季講座にはたくさんのお申し込みをいただきました。
満席となる日もいくつか出ました。
ありがとうございます!

感想文講座にお申し込みのかた、
取り組む本をお知らせくださいね。
まだお聞きしていない人が今年は多くて…。
よりよい指導をするために
事前に私も本を読んでおきたいのですが、
講座やりながら全部読めるのか?と
心配になってきました…。

お知らせ、お早めにお願いしますね。
特に来週から始める人!!!
よろしくお願いしまーーす!

2017 夏季講座のご案内 [お知らせ]

2017年、今年の夏も夏季講座を行います。
新しい研究室での初めての夏季講座です。

短時間で書きあげる「やっつけ仕事」にしてしまうことが多い読書感想文。
でもそれはとても惜しいことです。
入賞目指して書かないのなら、
せめて「新しい考え方との出合い」はしてほしい。
じっくりじっくりテーマを掘り起こし、
「わたしにとってどうしても譲れないもの」は何かを見つけてほしい。
つまりは、今一番大切にしたい「価値」というものを
自分なりの言葉で表してみてほしい。
そう願って設けているのが、夏季講座です。

日程と講座の詳しい内容を教室のHPに載せました。
ぜひご覧ください。

http://www.kotoba-izumi.com

単科にお越しのかたにはすでに案内をお送りしました。
すぐお申込みいただいたかたも! ありがとうございます!

7月の名古屋単科は定員に達しました。
受講をお考えの方、夏季講座をご検討いただけますようお願いいたします。
岐阜の単科(7/9)にはまだ空きがあります。
皆様のご参加、お待ちしております!


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問
前の10件 | -