So-net無料ブログ作成
検索選択

内覧会においでいただきありがとうございました。 [教室]

5月6日、土曜日。
新研究室のお披露目、内覧会が終わりました。
本当にたくさんのかたにおいでいただきました。
ありがとうございました!
心から、心から感謝申し上げます。

嬉しかったことがいくつもありました。
まず、教室を巣立っていった人たちがたくさん顔を見せてくれたこと!
皆、社会人となってしっかりと自分の人生を歩んでいました。
女子はみんなきれいになってまぶしいくらいだし
男子は「男性」となって、快活で頼もしい人になっているし、
そしてみんな、満面の笑顔で現れてくれるし!
あの頃の自分がやっていたこと、
とにもかくにも、この人たちにとってはマルであったんだなと
安心すると同時に、
今の在籍生たちにも、こういう笑顔で再会できるように
精一杯やっていかなくては!と思う1日になりました。

そして次に嬉しかったこと。
在籍生が、自主的に手伝ってくれたことです。
たくさんの人においでいただけて、
嬉しさのあまりオタオタ右往左往している私に代わって、
お茶を出してくれたり、
プレゼントで用意した本間製パンの「ありがとうラスク」を
(行方さんの提案です!)
取り出しやすいようboxに詰めてくれたり
空いた段ボール箱を潰して片付けておいてくれたり。
それはもう、素晴らしい働きぶりで
彼らがいなかったら、こんなによい日にはならなかったと思います。
さらに嬉しいのは、「~したらいい?」と
いちいち指示を仰ぎにこないこと。
状況を見て、必要だなと思うことを
そっとやっておいてくれるのです。
なんて実務的なんだろう!!!
読解って、言葉だけでなく状況も読解すべきといつも言っているけれど
こうやって彼らが苦もなく実践してくれるのを見ると、
誇らしくて誇らしくてなりませんでした。
有能だなぁ、きっと社会人になったときに
重宝がられる人になるなぁと、ニマニマするのを抑えられませんでした。

今回はとてもたくさんのかたに助けていただきました。
ご紹介した方々だけでなく、
しっかりと内装工事をしてくれた施工のWISDOM代表、田中智さんと工事の方々、
(田中さんはなかなか面白うそうな人です。ただならぬ経歴の持ち主!)
大事な机や本棚を、大事に大事に運んでくれた
三弘運輸株式会社の代表・片山さん、そして嬉野さん、
(片山さんは、頼りになるオトナ!という感じ。
こういうかたに、生徒たちも出会ってもらいたい!)
どの人も、会った瞬間に「誠実な人だ、信じていい」と
思える人ばかりでした。
正直、こういうことはなかなかありません。
ある程度、年齢を重ねたかただったら、おわかりだと思います。
信頼できる人ばかりに仕事をお願いできるというのは
ものすごく幸運、幸運すぎることです。
私は、生徒にも、保護者の方にも、
そして今回は、依頼した業者の方たちにも恵まれたと思います。

一番最後に、一番お礼を言わねばならない人たちのことを書きます。
熱田教室に来てくれていた人達です。
今回、新たに場所を設けるにあたって
熱田の本科を閉めるという決断をしました。
継続を望んでくださった方がいらしたのに、
私の都合で、本科を閉めてしまいました。
このことについては、本当に申し訳なく思っています。
今年度から本科へ、とお問い合わせいただいた方もいらっしゃいました。
ご家族で「えーっ」と叫ばれた、というかたもいらっしゃいました。
本当に、本当に、すみません。
こちらの勝手な都合で閉めましたのに、
ぐっと言葉をのんで、理解を示してくださり
応援の言葉までいただきもしました。
ありがたくてありがたくて、どうしようもない気持ちでいます。

単科は続けます。
でもやはり、本科、なのです。それは私も同じです。
それでも、今できるベストのことをしていくしか方法がありません。
絶対に手を抜かず、
熱田での講座を一層充実したものにしていきます。
5月の講座も、席はかなり埋まりました。
熱田の教室も、続けてきたことの意味が出始めているのかもしれません。
その流れをしっかりと太く強くしていこうと思います。

今後は「研究室」と名づけたことに見合うこと、
していかねばならない、と思っています。
おいでいただいたたくさんの方がた、
21日に訪問を予定してくださっている方がた、
また、お越しではないけれど、
教室のことを気にかけてくださっているたくさんの方がたの、
ありがたいお気持ちに応えられることを
しっかりと、やっていきます。
今後も「ことばの泉 作文研究室」をどうぞよろしくお願い申し上げます。


image-20170511195233.png

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。