So-net無料ブログ作成

花まるをもらえた講座 [教室]

12月3日は名古屋単科でした。
作文課題は、自分を含めた家族の姿。
説明するのではなく、場面で「家族」を見せてね、と伝えました。
「ドラマ」で書くつもりでね、と。
読解・意見文課題は、「0」の読解。
かなり昔に実施した課題です。先月の岐阜単科でやってみたら、
非常に面白い見解を皆が出してくれたので、
名古屋の子たちはどう言うのかな? と行いました。

月1回でも、続けてくれると文章が変わります。
作文課題で印象的だったのは、双子の作文。
教室まで電車で来てくれたのですが、
電車の窓から見える景色が、びゅんびゅんと流れていくさまを
それぞれの感覚で、見えるように書いてくれました。
二人とも同じ「車内の様子」をドラマ化したのに、
主におくものも描き方も違っていて、
二人の「得意」の違いが生かされた作品になっていました。

読解・意見文では、「0」が何を表すのかをまずは討論。
0は、「ない」ということだけではなく、基準や区切りでもあること、
「ない」ものはあるのか? ということ、
そもそも「ない」って、どういうことなのか? ということ、
人はなぜ基準を設けたがるのか、ということ。
メンバーが違うと討論の展開も違います。
岐阜とはまた違う論戦になりました。

「じゃあ、それぞれの『0』の意味するものを書いてみて」
と、原稿用紙を渡したら、
すごいですねぇ、皆黙々と書くのです。
あたりまえですが、教室での作文は、「討論のまとめ」をするものではありません。
討論で出たことをふまえて、新たな展開に挑んでほしいと伝えてあります。
だから、私のテキトーなホワイトボードのメモ書きを見て写す人はいません。
(そもそも私のメモは断片的で、そのままでは使えません)
皆、自分の中にあるものと対話するかのように考え、書き進めています。
そのさまは、少し異様でもあり見事でもあり。
この人たちは、なんてすごい力を持っているんだろう、と思って見ていました。

案の定、どの人の作文も読みごたえがありました。
ある中学生の作文が、丁寧に論を深めていくものだったので感心していたら
「この一年で一番頑張った」と、
少し照れ臭そうに、少し誇らしげに、伝えてくれました。
今年最後の単科だったから、一番いいものにしたかったようです。
彼女のその気持ちがうれしくて、
ああもうなんか、ほんとうにありがとう! という気持ちになりました。

他にも、この一年の中で、いい変化を見せてくれた人がたくさんいます。
作文がすきではなくて、ほめられた言葉をいつも使っていた人は、
講座に来るようになってから、成績が上がった!と言い、
用いる言葉も表現もうんと幅が広がりました。
ささっと仕上げるのが常だった人は、
少し立ち止まって、自分の「ほんとう」を入れ込むことをし始めました。
もともと語ることも考えることも好きだった人は、
毎回「今までとは違うものを」と意識して、
深く切り込んだり逆の考え方を試したりしてくれました。

私の講座は、自分だけでは進んでいけないものだと強く感じました。
皆の挑戦があってこそ、こうやって続けていけるし、
続けてもらえるんだと思います。
今年も単科にご参加いただきありがとうございました。
今度の日曜は岐阜の単科です。
こちらでも、皆の挑戦を後押しできることをしたいと思います。

ところで!
講座が終わって、「また来年!」と言って帰った生徒の一人が、
すぐに教室に引き返してきました。
「先生、月がすごくきれいです! 見て帰ってください!!」
一歩外に出て、大きな満月が目に入って、その美しさと見事さに
「共有しなくちゃ!」と思ったんだそうです。
こういう生徒がいること、私に花まるがもらえたようで、本当にうれしい。
私が皆につける花まるよりも大きな花まるを、私は皆からもらっています。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:学問

感想文講座を受講予定のかた、取り組む本をお知らせください! [教室]

夏季講座の準備に追われているうちに
夏休みに入ってしまいました!
気づいたら7月、一度も更新していない!!

いやはや、情けない限りです。
でも、夏季講座にはたくさんのお申し込みをいただきました。
満席となる日もいくつか出ました。
ありがとうございます!

感想文講座にお申し込みのかた、
取り組む本をお知らせくださいね。
まだお聞きしていない人が今年は多くて…。
よりよい指導をするために
事前に私も本を読んでおきたいのですが、
講座やりながら全部読めるのか?と
心配になってきました…。

お知らせ、お早めにお願いしますね。
特に来週から始める人!!!
よろしくお願いしまーーす!

6月岐阜単科、終わりました! 名古屋は満席です。 [教室]

6月4日、岐阜・本部研究室での単科を行いました。
先月とはうってかわって、初参加の人の多い日になりました。
元気に発言、元気に試す!
そういう1日でした。

皆には、「ここはね、『研究室』って名のところだから、
ぜひ、自分のことばを研究してみてほしいの」と伝えました。
同じ一つのことでも、伝え方は何万通りもあります。
その中で、いつも同じやり方をしていてはつまらない、
どうせなら、100万通りの中の1万通りくらいの伝え方を
自分のものにできるよう、
今日はこんな書き方を、
今日はこんな視点で、
今日はこの人になったつもりで、
などというように、
いろんな立場、いろんな表現法を試してもらいたいと伝えました。

研究するのだから、
表現も実験です。
実験だから、失敗もありうる。
でも、失敗も学び。
2コマ目の読解・意見文講座ではAI(人工知能)を取り上げましたが
その中でも、「失敗から学ぶのが人間だ」一人が言っていましたね。
(その後すぐ、AIも失敗をデータとしてとりこむかも?と別の人が言っていました。
どんどん加速する討論でした)
うまくいかなくても、それでいいのです。
多少足りないところがあっても、それでいい。
挑戦さえしていれば、その足りないところは必ず埋まります。

やらねばわからないし、生まれない。
だから、この部屋の中では
大いに、試して書く力・挑む力を磨いてほしいと思っています。

おかげさまで6月11日の熱田での単科は定員に達しました。
お申し込みありがとうございました。
7月は2日が熱田、9日が岐阜です。
夏休みにはには短期講座を行います。
既存の参加者さんからご案内していきます。
ご希望の方はぜひ一度ご連絡ください。
出会いを楽しみにしています。

毎週金曜日5時半からの本科も始まりそうです。
単発よりも確かな力を!とお考えの方は本科をご検討ください。
学習塾とは違うアプローチで
一生続く表現の力を養います。

お問い合わせお待ちしております!
http://www.kotoba-izumi.com


image-20170606183645.png

内覧会においでいただきありがとうございました。 [教室]

5月6日、土曜日。
新研究室のお披露目、内覧会が終わりました。
本当にたくさんのかたにおいでいただきました。
ありがとうございました!
心から、心から感謝申し上げます。

嬉しかったことがいくつもありました。
まず、教室を巣立っていった人たちがたくさん顔を見せてくれたこと!
皆、社会人となってしっかりと自分の人生を歩んでいました。
女子はみんなきれいになってまぶしいくらいだし
男子は「男性」となって、快活で頼もしい人になっているし、
そしてみんな、満面の笑顔で現れてくれるし!
あの頃の自分がやっていたこと、
とにもかくにも、この人たちにとってはマルであったんだなと
安心すると同時に、
今の在籍生たちにも、こういう笑顔で再会できるように
精一杯やっていかなくては!と思う1日になりました。

そして次に嬉しかったこと。
在籍生が、自主的に手伝ってくれたことです。
たくさんの人においでいただけて、
嬉しさのあまりオタオタ右往左往している私に代わって、
お茶を出してくれたり、
プレゼントで用意した本間製パンの「ありがとうラスク」を
(行方さんの提案です!)
取り出しやすいようboxに詰めてくれたり
空いた段ボール箱を潰して片付けておいてくれたり。
それはもう、素晴らしい働きぶりで
彼らがいなかったら、こんなによい日にはならなかったと思います。
さらに嬉しいのは、「~したらいい?」と
いちいち指示を仰ぎにこないこと。
状況を見て、必要だなと思うことを
そっとやっておいてくれるのです。
なんて実務的なんだろう!!!
読解って、言葉だけでなく状況も読解すべきといつも言っているけれど
こうやって彼らが苦もなく実践してくれるのを見ると、
誇らしくて誇らしくてなりませんでした。
有能だなぁ、きっと社会人になったときに
重宝がられる人になるなぁと、ニマニマするのを抑えられませんでした。

今回はとてもたくさんのかたに助けていただきました。
ご紹介した方々だけでなく、
しっかりと内装工事をしてくれた施工のWISDOM代表、田中智さんと工事の方々、
(田中さんはなかなか面白うそうな人です。ただならぬ経歴の持ち主!)
大事な机や本棚を、大事に大事に運んでくれた
三弘運輸株式会社の代表・片山さん、そして嬉野さん、
(片山さんは、頼りになるオトナ!という感じ。
こういうかたに、生徒たちも出会ってもらいたい!)
どの人も、会った瞬間に「誠実な人だ、信じていい」と
思える人ばかりでした。
正直、こういうことはなかなかありません。
ある程度、年齢を重ねたかただったら、おわかりだと思います。
信頼できる人ばかりに仕事をお願いできるというのは
ものすごく幸運、幸運すぎることです。
私は、生徒にも、保護者の方にも、
そして今回は、依頼した業者の方たちにも恵まれたと思います。

一番最後に、一番お礼を言わねばならない人たちのことを書きます。
熱田教室に来てくれていた人達です。
今回、新たに場所を設けるにあたって
熱田の本科を閉めるという決断をしました。
継続を望んでくださった方がいらしたのに、
私の都合で、本科を閉めてしまいました。
このことについては、本当に申し訳なく思っています。
今年度から本科へ、とお問い合わせいただいた方もいらっしゃいました。
ご家族で「えーっ」と叫ばれた、というかたもいらっしゃいました。
本当に、本当に、すみません。
こちらの勝手な都合で閉めましたのに、
ぐっと言葉をのんで、理解を示してくださり
応援の言葉までいただきもしました。
ありがたくてありがたくて、どうしようもない気持ちでいます。

単科は続けます。
でもやはり、本科、なのです。それは私も同じです。
それでも、今できるベストのことをしていくしか方法がありません。
絶対に手を抜かず、
熱田での講座を一層充実したものにしていきます。
5月の講座も、席はかなり埋まりました。
熱田の教室も、続けてきたことの意味が出始めているのかもしれません。
その流れをしっかりと太く強くしていこうと思います。

今後は「研究室」と名づけたことに見合うこと、
していかねばならない、と思っています。
おいでいただいたたくさんの方がた、
21日に訪問を予定してくださっている方がた、
また、お越しではないけれど、
教室のことを気にかけてくださっているたくさんの方がたの、
ありがたいお気持ちに応えられることを
しっかりと、やっていきます。
今後も「ことばの泉 作文研究室」をどうぞよろしくお願い申し上げます。


image-20170511195233.png

emerald furniture studio 長岡歩さんのこと [教室]

27日、とうとう内装工事が終わりました。
最後に机と椅子が届きました。
emerald furniture studio 長岡歩さんに作ってもらったものです。

H・T interior officeの松本 博子さんが、
内装のプランを出してくれた時、
長岡さんに本棚・机・椅子の製作を頼むことを提案してくれました。

長岡さんは、家具作家として独立を目指して頑張っている人で、
仕事に対してとても真面目、
受けたものに対して熱心に取り組んでくれることは間違いない、
オススメの人です!ということでした。

松本さんが推してくれる人なら心配ないと
即OKしました。
これから頑張っていこうとしている人を応援することになるなら嬉しいし
(私にも当然、そういう時期がありましたから)
これから一人でやっていこうとする人が
いい加減なものを作るはずがない、
その人が熱意をこめて作った家具を置けるなんて、なんて幸運、
椅子にも机にも、ストーリーが生まれるようで、とてもわくわくする!
と思いました。

長岡さんには一度部屋を見にきてもらって、
その後、27日まで一度もお会いすることはありませんでした。
内装プランを見た時には
一度工房を見にいきましょう、という話も出たのですが
結局、皆が忙しくて実現しませんでした。

27日、私が部屋に出向いた時には
すでに椅子と机が搬入されていました。
机は午後に長岡さんが着いたときに組み立てることになっていて
椅子だけが、椅子らしく、整然と並んでいました。

その時のことを思い出すと、
今でも胸がうわっと熱くなります。

椅子は、見本で見せてもらった枠組みだけのものより
うんと丈夫で
うんと大きくて
うんとかわいいものでした。

触れるとちょっとざらっとした感触がありました。
子どもがが触れても決して怪我をしないよう
工房で丁寧に削ってくれたのでしょう、
ものすごく微細な粒子が静電気か何かでくっついているかんじがしました。
でも、なでると表面はとても滑らかで
角は綺麗に丸みを帯び、
足はがっしりと座面を支え、
座面の板にはほんの少しカーブがつけられています。

本棚と椅子と机
かなりの数がありますが、これをたった一人で、
切って、切って、切って、
削って、削って、削って、削って、
組み立てては調整して、
ということをしてくれたんだなぁと思うと、
と、言いますか、
思うよりも前に、椅子を触っただけで
本当に涙が出そうになりました。
こんなとこで泣けないからこらえましたけど、
いやもう本当に、
こんなに手間暇かけたものを、私は手に入れたことがない、
しかもこんなたくさん!
私(と教室に来る人)のためだけに!!
なんて贅沢で幸せなことだろう!と、今も思います。

emerald furniture studio の名での、最初の納品なんだそうです。
いっちばん最初の作品を、研究室に置けるのです。
嬉しいなあ、
こういうものを子どもたちには触ってもらいたいなあと思います。
一つ一つの「モノ」には、作り手がいて、
その作り手がさまざまな技術を用い、工夫を重ねて
「モノ」があるということ、
感じられる人になってほしいと思います。

6日の内覧会にも来てくれるそうです。
おいでになる皆さんが、
長岡さんの作品にいかに喜び、触りたがり、
わくわくとする気持ちを抑えらなくなるかを見てもらえたらと思っています。
そしてお越しの皆さんには、
長岡さんが一つ一つ大切に、思いを込めて作り上げたものに触れ
座り心地や使い心地を楽しんでもらえたら、と思います。

この本棚と机と椅子は、
これからの私たちの活動をしっかりと支えてくれることと思います。
これらの素晴らしいモノたちに、どうぞ会いに来てください。