So-net無料ブログ作成
課題―テーマ作文 ブログトップ
前の5件 | -

4コマ漫画なら、みんな書く! [課題―テーマ作文]

10月は「伝わる文章を書く」ことをテーマに課題を設けました。

自分はそのつもりだったけれど、
ほんの少し言葉が足りなくて、
あるいは、状況を伝える部分を抜かしていて、
意味が十分に通じない文章となることはよくあります。

小学生はまだ「主観」を軸にものを書く時期ですから、
自分にとって当たり前のことを言葉にしないまま書いてしまう、というのはよくあること。
それを「わかりにくい」と言って叱っても、あまり効果はありません。

他者の視点を獲得していくことが、この問題の解決策ではありますが、
それだけではなく、具体的に「何を・どのように」変えていけばいいのかを
示していくことも欠かせません。

とはいえ、書き直しは誰でも嫌なもの。
小学生にとっては、「終わったものは終わったもの」なので
手直しするのは苦痛です。

それを意欲でカバーできる課題が、4コマ漫画を使う課題。
絵を見ていない人でも、漫画がオチがはっきりとわかるように書きます。
低学年のうちは、言葉で示されていない「オチ」をつかめなくて
4コマ漫画の良さが分からず、本を閉じてしまうことがありますが
中学年以上なら、十分に「笑い」を楽しむことができます。
次の漫画が読みたくて、書き直しを命じられても頑張る、頑張る!
この機会を逃すのは愚の骨頂ですから、
普段はほとんど書き直しをしない私の教室でも
「言い足りないなぁ」「書き直し!」「これ、清書!」の連続です。

主には、
主語を入れるタイミング、
「は」と「が」の違い、
主述のねじれ、
状況の説明に欠かせない「だれが・いつ・どこで・なにをしているか」、
「実は・ところが・結局」「AではなくBである」をはじめとする、強調のための工夫
などについて、アドバイスします。
「なんとなく」というあいまいな感覚で作文しているものを、
意図的に言葉を用いていけるよう、
よい効果を上げている部分と、
足りない部分(と、それはなぜか)を伝えます。


4コマ漫画の指導で有名なのは、工藤順一先生です。
よい本がたくさん出ていますが、
今回はその中で、2冊を。
おすすめです。

これで書く力がぐんぐんのびる!!―作文がもっと楽しくなるおもしろアイデアたっぷり問題にチャレンジ!!

これで書く力がぐんぐんのびる!!―作文がもっと楽しくなるおもしろアイデアたっぷり問題にチャレンジ!!

  • 作者: 工藤 順一
  • 出版社/メーカー: 合同出版
  • 発売日: 2007/05
  • メディア: 単行本





それから、10月20日の岐阜単科ですが、
こちらの都合で、今月は作文講座のみの開催となりました。
まだ席は空いております、
ご参加、お待ちしております!


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

考える実験 [課題―テーマ作文]

9月の授業では「考える実験をしてみよう」という言葉を何度か口にしました。
これも、宮川先生がいつかの講義でおっしゃっていたことです。
教室生の中に、自分の考えを書くことに忠実であろうとする人が何人かいて、
それはとても大切なことではあるのですが
「自分にとって正しいこと」「世間で正しいと言われていること」ばかりを
中心に書いていく傾向が強いのが気になっていました。

年齢的には、まだまだ発展途上であっていいのです。
自分の考え以外のものの見方は、世界には幾通りもあります。
「これしかない!」と今、決めてしまわないで
立場を変えて見てみること、
違う側面を見ようとしてみること、
大いに挑んで迷って検討して、そうかと気づいてまた知ろうとする、
そういう試行錯誤を恐れずに続けてほしいと願っています。

「考える実験」の課題として、9月の最終週に「定義づけのレッスン」なるものを行いました。
その前の週に、
「抽象的なものは具体的なものに置き換え、具体は抽象に置き換える」
ことを意識して臨むよう働きかけていたのですが、
もうあと数回、取り組んでみたほうがいいように感じましたので、
定義づけのみに絞って授業を行うことにしました。

抽象的なもの、たとえば「夢」を説明しようとすると
「人を成長させる、行動させる、絶望させる、
諦めずに挑むもの、願い続けるもの、無くてはならない大切なもの・・・」
などの言葉が並びます。
確かに夢にはそのような側面がありますが、
成長も絶望も願いも大切も、抽象的なものなので
夢を抱いている「その人の姿」は見えてきません。
つまり、「夢」の姿を受け手が心に思い描くことができないことになり、
書き手の思いを十分に伝える言葉とはなっていない、ということになります。

そこで、抽象的な「夢」の本質をよりイメージさせるために
夢を具体物に置き換えてみます。
たとえば、傘。メトロノーム。スポイト。定期券。靴。
夢、という言葉からすぐに連想しないような具体物にあえて置き換えるのです。
考える実験、ですからね。

そして、「夢は傘だ。」とでも言い切って、
夢という傘を開くと・・・と続けて考えていくのです。
傘は雨よけ。体を守ります。となると、夢という傘で私たちは何を守るでしょう?
夢は何をはじいているのでしょう?(はじいてしまっていいのか、とも考える、)
また、傘は持ち運びできるもの。
夢という傘を手に、私たちは歩むことができます。(傘を持って歩むと・・・?と考える、)
そして嵐のときは、私たちは夢という傘を武器に自分を守ろうとします。
嵐=世界、世間、うわさ、などと置き換えて(具体を抽象に置き換えている)
その中で生きる時に夢という傘がどんな役目をしているかと考え言葉にしてみます。
そんなふうに、夢とともにある人の姿を示す言葉は、
「大切」という言葉以上に、夢の持つ一つの面を描き出すことができるようになります。

私が例として挙げたのは「靴」でした。
「夢は私の靴だ。夢という靴をはいているから、私はここよりうんと遠い、今の私が知らないところまで行くことができる。夢という靴が、私に前進する力をくれるのだ」
みたいなことを言ったように記憶しています。

生徒たちにも、やってもらいました。
抽象的な語を先に言ってしまうと、それにあわせて具体物を選んでしまうので、
先に具体物を各自一つずつ挙げてもらい、
後でテーマとなる抽象語を提示しました。

中学生のクラスで取り組むことになったのは、
「水筒ー夢」「雑巾ー平和」でした。
これを「夢は~だ」「平和は~だ」と定義づける形にします。
「夢は小さな水筒の中に詰め込まれている」
などと発展させるのも、もちろん可能です。
厳しいルールはありません。ポイントは一つ。抽象的な語をすぐに使わないこと、です。

どんな具体物を皆が出してくるかわからなかったので、うまくいくかとドキドキしましたが
なかなかよいものを考えてくれました。
水筒は、中の水を詰め替え可能なので、夢を詰替えながら生きていくことを表現した人、
夢の水を飲み飽きたら・・・と仮定して、夢に飽く場合を見せた人、
同じ言葉で同じように言う人はいませんでした。
その違いを皆で楽しみました。

「平和」の方は、平和という言葉が戦争と対になっているせいか、
美しいものが似合うように思えますが、
その逆の、汚いボロボロの雑巾に置き換えなければならなくなったことで
「平和」の成し遂げにくさと言葉の空虚さを表現しやすくなったようでした。
苦戦はしていましたが、「いつもなら絶対にしないであろう思考」をすることになったので
よい刺激になったのでは、と思っています。

書くことは考えること。
しかし、考えることがいつも同じの、通り一遍のものでは
「考える力」を十分に使ったようには思えません。
小、中、高校生、まだまだ試していい時期です。
「こう考えたら、どうなるかな?」と
自分の本心はさておいて、違う視座から物を見る訓練をしてみてほしいのです。
そうすることで、思考の幅と視野とが広がるはずです。
「こう思う」と書くことが作文ではないのです。
「こう思う」と述べる前の、どう見るか、何が考えられるか、どう言葉にするかと
思いを巡らせる時間にこそ、「作文」の本質があります。

うまく書くための指導ではなくて
考える力を養うための指導でありたいといつも願っています。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

年度末恒例、10分作文 [課題―テーマ作文]

年度末恒例の課題に「10分作文」があります。
いつもは「作文は、量でもスピードでもなく、質!」が合言葉の教室ですが
今回だけは違います。
質を保ったままで、量とスピードに挑みます。

1コマで挑むのは3回。
人と量を競うのではなく、前の回の自分を超えるのを目指します。
多少字がいがんでも、話がずれていっても気にしません!
とにかく、まとめないで、展開してつないで、どんどん書き広げます。

今年度も一年間、書き続けてきた人たちです。
どんなに焦って書いても、質は保たれます。
悩んでいる暇はないので、いつもより思い切った言葉が飛び出てきて
「あれ、こんな文章を書くんだ?」と驚かされることもあります。

今週、皆、挑みました!
書きなれていない人は、10分で1枚を超えるのは難しいのですが
小学生のパワーたるや、すごいすごい!
一心不乱に書き綴って、1枚を軽く超えていきます。

しかも、急いでいるのに(しかも私が「1分経過!」なんて焦らせるのに)、
描写の力を用いて場面を豊かに見せた人、
組み立てを瞬時に考えて、場の描写→出来事のいきさつ→人の描写→場の描写、と
完成された文章を書いた人、
「~とは・・・」と、語の本質に迫ろうと哲学した人、
いやはや、読み応えのある文章ばかりでした。

中学生には、「論説文の組み立て」について話をしたときに伝えたこと、
『定義づけ→緩めて説明→引き締めて置き換え』の技法を使ってみたら、と促しましたら
「~は・・・である」を切り口に、
「たとえば・・・」「もしも・・・」で展開、
「だから」「つまり」で引き締め、置き換え、
「だが」「しかし」で視点替え、
・・・と、うまく接続詞を用いて展開に励みました。

結論を決めずに、考えの流れそのものを書けばいいのです。
考えのプロセスを刻んでいくのも、大切な「書く」の顔です。
そう働きかけたら、今まであまり論理的な展開を得意としていなかった人が
驚くような飛躍をみせてくれました。

でも、一番心に残ったのは、小2男子の「風」の作文。
その日、岐阜では強い風が吹いていました。

「風がほっぺ中心にねらってふいてくるから、ほっぺが赤くなってしまった」
「教室のカーテンが風でぼくのほうに1mのびた」
「窓をしめたらバンッっと音がして、耳がダメになってしまった」
「くもがすごくはやくながれるから、今日ははやく日がくれるなあ、と思った」

・・・ということを書いていました。
「正しい」ことを言うなら、風はほっぺ中心には吹かないし
カーテンはのびたりしないし
雲が速く流れたって、日は早く暮れない、
でも、その感覚が素晴らしい。「正しい」ことを書くのが表現ではありませんものね。
思い切って書いているから、そのまんまの感覚が生きてきます。

10分作文に挑む間、
だれもあきらめない、だれも顔を上げない、
とにかく紙の上で語り続ける彼らの姿を見ていると、
今年も一年、いっしょに励んできたなぁと、
深く感慨に包まれました。

10分作文は、宮川俊彦先生の課題です。
本が出ています。
作文指導の考え方も載っていて、おすすめの本です。

家庭でできる10分作文

家庭でできる10分作文

  • 作者: 宮川 俊彦
  • 出版社/メーカー: 小学館
  • 発売日: 2005/08
  • メディア: 単行本



nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

テーマに切り込むヒント [課題―テーマ作文]

「えんぴつを持って、紙に向かったら、あなたが作者。
語りたいテーマを持って書いて!」
と教室生によく言います。

感想文でも同じこと。
本を書いたのは別の人ですが、
その本について書くとなったら、作者はあなた。
本の作者のテーマとは別に、自分なりの語りたいテーマを持って
文章に臨むべきだと伝えています。

では、定めたテーマをどう掘り下げるか。
ここも大切です。
ですから、ときに教室では、
シンプルな言葉をテーマに作文に挑みます。


まず、作文を書き始める前に、皆で「攻め方」を考えてみます。

たとえば「箱」なら、

①形状をとらえる
②箱の代表的なものを挙げてみる
③箱にまつわる思い出を探す
④誰の「箱」か、所有者を決めて考える
⑤箱から生まれる動詞を挙げる
⑥箱と対極にあるもの、もしくは同類のものを考えてみる
⑦見えないものの中に「箱」をあえて見てみる
⑧箱の機能、箱の力、箱が持つ価値について考える

①~④あたりは、どの人も「ふ~ん」という顔ですが、
⑤以降を始めると、
「ああ、そんな考え方もあったのか」「それ、おもしろそう、ちょっと書いてみたい」
という顔をし始めます。


たとえば、動詞。
しまう、あける、とっておく、よけておく、保存する、保管する、見えなくする、隠す、
積む、重ねる、忘れる、出す、つぶす、じゃまになる、ためる、すてる、
中を見たくなる、見せたくない、そのままの状態を保つ、伝承する、
外界と区切る、いつでも取り出せる 。

ここからヒントを得て、
貯金箱は貯める、でもお金だけじゃない。
お金と一緒に別のものも貯めている。
この先の自由。自由を楽しむ未来。
貯金箱の中には、お金と自由がつまっている。

そんな作文を書いた子がいます。


たとえば、見えないもの。
時代の箱、進化の箱。国も箱の一つ。クラスも。家族も。

そんなことを話していたら、
「ぼくたちは箱の中でくらしている。」
の一文から始めた人がいました。
この箱は、家であり、家族であり、この世界であり・・・。
出入り自由で鍵もかかっていないけど、
それもみな箱の中。
そして箱の中に住むぼくたちの中にも「心の箱」という箱があって
はずかしいときには鍵をかけ、安心すると鍵をあける。

結びは、
「みんなは、箱に入っている。箱はみんなをおさめている。
だから箱というものはみんなより上だ。」
とあります。

この作文を読んだ中学生は
結びの一文に何か言いたそうな顔をしました。
読み手に「何かちょっと言いたい」と思わせる文章を書いたということです。
ツッコミであろうが、感嘆であろうが、
「言いたくなる」文章を書けるというのは、力があるということ。
隙のない文章を書くことが目的ではありません。

「似たもの」をヒントにした生徒もいました。
全ての箱は、タイムカプセルだ、と彼は言います。
何年か後に出すか、筆箱のように何分か後に出すかの違いで、
どの箱も「タイムカプセル」の面を持っていると彼は見ました。

「しかし、違うかもしれない」と、彼は考えます。
ここが大事なところ。
今述べたことが真実だと、文章の最後まで押し切ってしまうのではなく、
一度は疑いの目で検証してみるのです。
文章に客観性を与えられるので、ぜひやってみて、といつも皆に求めています。

彼が疑いの目を向けたのは、「漬物」でした。
箱(壷)の中で漬物は変化します。
他のタイムカプセルである箱は、現状保存を目指しているのに
これは違う、と考えたのでしょう。
しかし、漬物は人の手により、わざと変化するようしたもので
タイムカプセルに入れたものも、多少は変化しているのだから
漬物を入れた箱(壷)も、タイムカプセルなのだ、と締めました。

ここで、箱の中で進む時間と外の時間について考えてみたりすると
また広がりが出たのでしょうが、
残念ながら終わりの時間となりました。


どの作文も、迷走したりつじつまがあわなかったりの部分を持っていますが、
それでいいのです。
教室での作文は、挑戦の作文。
「語るのは難しい」と避けてきたことに、あえて挑む場所なのです。

どの人の作文も挑戦に満ちていました。
この挑戦が、将来、形を整えた作文に挑むときに生きるのです。
「××とは何か。」
定義づけ、検証し、本質を明らかにする。
感想文にこんな部分があったら、引き込まれますよね。
みんなに挑んでもらいたいと思っています。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

1+1=2・・・じゃない [課題―テーマ作文]

1+1=2

でも、そう決まったわけじゃない。

考えを広げる・深めるために、「疑いなさい」とよく言う。
当たり前だと思い込んでいることを、当たり前とは思わない。
そうではないかも? と疑ってみることから、考えることは始まる。

1+1=2。  でも、これはある条件のもとでのこと。

「1+1=2、そんなのあったりまえ!」という子達に、
「じゃあ、1が翔太くんで、1がリンゴだったら? 足すことはできる?」と返す。

もちろん、足せない。人とリンゴは足せない。
みんな「いやなこと言うなぁ、先生」という顔になる。


考えを深めるために、まずするとよいことは
テーマである「1+1は、はたして2か?」の中に含まれる要素と定義を捉えることだ。



たとえば、「足す」が示すものを幅広く捉えてみる。
2つのものがあった場合に起きうることを挙げてみればいい。

合わせる・付け足す・ひっつける・加える・食べる・飲み込む・切る・分ける・焼く・使う・利用する・つぶす・うめる・なくす・腐らせる・放置する・蹴る・投げる・転がす・贈る・しまう・・・・・・

 

もしも1が翔太くんで、1がリンゴなら。

・翔太君がリンゴを食べてしまったら、1+1=1
・翔太君がリンゴを使ってパイを焼き、それをみんなに分けたら1+1=8くらい?
・翔太君はリンゴ嫌いで、食べずにそのまま放っておいたら腐ってしまい、
 その悪臭に耐えかねて家族で引っ越したら1+1=0
・翔太君はリンゴでジュースを作って、それを皆に売り、もうけたお金でリンゴをまた買ったら
 1+1=10
・翔太君がリンゴを食べた後、その種を土に蒔いて芽が出て木になり実がなったら
 1+1=100?
・100年後には、翔太君もリンゴもこの世にはない。1+1=0

馬鹿げていて結構。
正しいかどうかが問題ではない。
大切なのは、テーマに含まれる要素を抽出し、その意味するところを分析すること、
そして、それを重ね合わせていくつかの場合(場面)を設定して考えていくことだ。


分かりやすいように「1」を人とリンゴで話したが、
これが人と人だったら、また違う展開が見える。

 

私が導入時に働きかけていることは、主に上のようなことだ。
「当たり前」に別の方向から光を当て、違った影を見せる。
それが、子ども達の「あ、そうか」というひらめきに繋がっていく。

整理して書けば、下のようになる。

1 本当にそうなの? と疑ってみる。
2 テーマに含まれる要素(人・物・場・概念)を挙げる
3 各々の要素が持つ資質・象徴するもの・起こしうるもの等を挙げる。
4 それぞれを組み合わせて「もしも?」「たとえば?」と展開する


もちろん、これを一度で習得せよ、とはいえない。そういうものではない。
だから、気は長く。テーマを変えて、何度でも。
気付けば大木に育っている。


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問
前の5件 | - 課題―テーマ作文 ブログトップ