So-net無料ブログ作成
教室案内 ブログトップ

教室案内―読書作文講座 [教室案内]

今回は、「読書作文講座」のご紹介です。
4月当初は「絵本とことば」クラスとして、
低年齢のお子さんを対象にご紹介していたクラスです。
ですが、参加者は以前から在籍の人で、
初めに予定していた内容では、刺激が足りない様子でしたので
今は、講座内容を変更して実施しています。

このクラスでは、毎月1冊の本を取り上げ、読解に挑みます。
取り組む作品は、長く読み継がれているもの、名作として知られているもの、にしています。
4月は『スーホの白い馬』、5月は『ないたあかおに』でした。

月3回の授業で、以下のようなことに取り組みます。
(毎月、全ての活動を行うわけではありません。物語によって、取り組む活動を選びます。)

・絵本の読み聞かせ。ストーリーを理解する。
・音読でことばのリズムや表現技法を体感する。
・絵を見ながら、再話に挑む。
・絵本の表紙・挿絵などを読解する。
 色・画面構成・ものと人の描き方など、画家が表現しているものを見抜く。
・物語に「なぜ?」を問う。
・物語の底を流れる価値観を捉える。
・現代に置き換えて考える。
・「もしも?」や「そもそも?」と問い、物語の場から離れて理解を膨らませる。
・「一言感想」ではなく、「書評」や「分析・考察」をするつもりで作文に挑む。
・場合によっては、考えをさらに深めるため、書いたものを推敲する。
・どこかに発表したいものができたら、応募してみる。


最初は、初心者向けの講座のつもりでしたが
結局は、読解・意見文講座でやるようなことを、
3週かけてじっくりと取り組むクラスになりました。

本科では、1コマもしくは2コマで読解作文に挑みますから、
どうしても駆け足の文章になります。
「読書作文講座」では、3コマかけて一つの物語に取り組めるので、
作家と画家の表現意図を汲みつつ、
自身の価値観を問い直す機会をしっかりと得ることができます。

読書感想文に取り組むことは、非常に意味のあることです。
しかし、残念ながら学校は忙しくて、作文にも感想文にも、
平時は取り組む時間がないようです。
ですから、夏休みの宿題として感想文が用意されるのですが、
物語の読み解き方、考えの深め方をあまり経験したことがない子どもたちは
せっかくの機会を生かし切れず、「やっつけ仕事」で終えてしまうようです。

「読書作文講座」は、毎月読書読解に取り組むことで、
物語を捉える力と意見の深める力を育てていきます。
上の活動例を見ると、少し難しそうに見えてしまいますが(筆力不足ですね)
教室の講座の基本は「楽しく!でも深く!」ですから、
どの年齢の方でも、ご参加いただけます。



「読書作文講座」は、岐阜本部教室のみの開催です。
現在は木曜午後4:45~5:45に月3回、行っています。
水曜の4:30~5:30にも、ご希望の方がいらっしゃれば、新設を検討するつもりです。

また参加者には、読解作文以外の作文にも挑んでいただきたいので、
月1回、第4週の同じ時間に、「準・本科」を設けています。
読書作文講座を受講される場合は、
準・本科を組み合わせてお取りいただくことをおすすめします。
準・本科では、物語の読解以外の課題を用意し、
表現の幅を広げられるよう配慮しています。

読書感想文に継続して挑む機会など、他ではなかなか得られません。
本好きの人も、本はほとんど読まない人も、
名作の世界にじっくりと取り組む時間を楽しみませんか?
お問い合わせ、お待ちしております!


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

教室案内―国語・読解問題攻略講座 [教室案内]

今回は「国語・読解問題攻略講座」(略して国語攻略)のご紹介です。
この講座は、名前通り、国語の長文読解問題に取り組む講座です。

国語の問題は作文とは違います。
1 正答がある。
2 その正答は、自分の考えではなく、「出題者が考えた答え」である。
3 出題者は、正答を一つに定められるよう、根拠を作っている。
4 根拠をたどれば、正答に行きつく。
  つまりは、問題を解くとは、他人が作った道筋をたどる作業である。

よって、国語の問題を解くためには、出題者の意図を読みきり、
求めに応じて答えの形を整える、ということが必要です。
しかし、「自分の考えではなく、出題者の考えを書く」ことに気づいていない人は多く、
なんの攻略法も持たないまま、漫然とあるいは闇雲に問題に取り組み、
力をつけ損ねているようなのです。とても、残念なことです。

国語は、数学のようにたくさん問題を解けば力がつくものではありません。
1つの問題を、じっくりと質高く解ききるようにしなければ、力はつかないのです。

講座では、次のようなことに取り組みます。

1 問題を大きく物語文・論説文の2種に分け、それぞれの出題傾向をつかむ
2 本文を一文・一語にこだわり、多くの情報を得る力をつける。一から十を知る力をつける。
3 物語文・論説文それぞれの文章構成をつかむ
4 問いの文に明示されている指示を確実につかむ力をつける
5 問いの文が暗黙のうちに伝えている指示をつかむ
6 指示に応じて答えの形を整える力をつける
7 答え合わせのよりよいやり方を知る。
  出題者の思考傾向をつかみ、それに沿った考え方を自分もするよう調整する。

今の日本の国語の問題は「誰かの考えたことを、誰かの求めに応じて出す」にすぎず、
私としては、国語の問題を解く時間があれば、自分で道を作る「作文」に取り組んだ方が
うんと、将来を豊かにする力がつく、と考えています。
しかし残念ながら、子どもたちの国語の力は、
情報収集・処理能力をみるような問題で量られるのが現状です。
加えて生徒たち、とくに中学生は、国語の点を上げたいという強い気持ちを持っています。
ですから、私の本流ではありませんが、
子どもたちの国語攻略の手伝いをするため、このような講座を設けました。

といっても、自分の講座です、納得のいかないものを行うことはしません。
私が講座で一番のねらいとするのは、上に挙げた活動の、2と3です。

生徒の中には、本を読まない人もいます。
文章に触れる機会が少ないと、
ものを語る時の自然な流れや、プロが行う表現の工夫を
自分のものにすることができません。
ですから、国語の問題を解きながら、
プロの書き手が苦心していること、たとえば強調や伏線などの工夫、
伝えたいことを言外に示す技などを知る機会としたいと思っています。

今回は講座のご案内ですので、
具体的な国語攻略方法については、別の機会にご紹介したいと思います。
ですが、概略を知るだけでは「なんとなく」しかわかりませんからね、
力を伸ばすためには、
実際に問題を解き(しかも、受動的でなく能動的に)、
コツをつかんでいく機会を持つべきであると思います。

国語攻略は、岐阜本部教室に月3回のコースがあります。
月1回のコースは、本科に在籍の方のみ受講できます。
名古屋熱田教室は、月1回のみ、本科在籍者対象です。

参加者には、国語の問題を解くことを通じて知った「表現の工夫」を、
自身の作文に生かしてもらいたいと願っています。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

教室案内―本科クラス [教室案内]

月1回開催の単科クラスの後は、
平日夕方に月3回行う『本科クラス』のご紹介です。

本科クラスは、岐阜本部教室では水・金曜日に、
名古屋熱田教室では火曜日に開催しています。

本科クラスは、単科クラスとは違い、
課題内容を定めません。
単科の作文講座、読解・意見文講座で実施する課題はもちろん、
詩・俳句・物語などの創作課題や時事テーマ、
ときにはコンテストに応募する作文にも挑みます。

では、本科のメリットを以下に挙げます。

・年間の受講回数が格段に多い
   →さまざまな課題に挑めるので、着実にしかもバランスよく力をつけられる
・参加メンバーがいつも同じ   
   →落ち着いた環境の中で取り組める
   →顔ぶれに応じた課題を用意できる
   →応用課題も実施
   →互いの長所を知りあい、切磋琢磨できる
 
・数週続けて同じ課題に取り組める
   →討論だけに1コマ使うなど、じっくりと読解と作文に挑める
   →文章構成を練る時間を持てる
   →推敲の時間を持ち、正しく・わかりやすく書くためのコツをつかめる
   →長く同じ作品に向き合えるので、総合的に力を育成できる
  
・受講料が単科よりも割安
   →単科は1コマ3,000円。本科は3コマで8,000円。
・受講料が割安であるにもかかわらず、単科より少人数で指導
   →岐阜本部教室の本科定員は1クラス6名
・事前に連絡をもらえれば、振り替え受講にも対応
・作文以外のことでも、ご相談ごとがあれば、個別にアドバイス

細かいことを挙げればキリがありませんが、
上記のようなことが、単科とは大きく違うと思います。
個別アドバイスについては、学習面・生活面の他、
願書に書く志望動機のアドバイスや受験作文・面接の個別指導などを行ってきました。
信頼関係ができた上での受験指導ですので
多少厳しいことを言っても、生徒たちは目標である合格を目指して、くらいついてきます。

それは、授業内で行うコンテスト向けの作文指導でも同じです。
子どもでも大人でも、「これでは足りない、ダメ」と言われるのは
精神的につらいことですが、
本科で築き上げた信頼関係があれば、
「この表現は人に伝わらない」「ここの切り込みが甘い」とダメを出しても
「それなら・・・」と、子どもたちは書き直しに応じます。
子どもたちにとって、できたものをナシにすること、
終わったと思ったものを、もう一度やり直すことは
本当にシンドイことです。
にもかかわらず、アドバイスを受けて書き直す(あるいは書き加える)ことができるのは
表現者としての自負が育っているからです。

単科では書き直しなどは時間的にできませんし、
月1回では、「足りなさ」を指摘してもそれをフォローする機会を持てませんから、
アドバイスは「良い点・伸びた点」が中心となります。
もちろん、毎月単科においでの人には、「足りなさ」を伝えることはあります。
しかし、それもやはり、信頼関係が十分に育ったと確信できてからです。
となると、ぐっと子どもたちの奥まで踏み込んで指導ができるのは、
本科の持つ大きな特長であるといえます。

岐阜本部教室・名古屋熱田教室、どちらの本科にも、
席に空きはあります。
「きっかけ」を得るだけでなく、
着実に表現力と思考力を身につけたい、とお考えのかたは、
ぜひ本科受講をご検討ください。

「答えのないものについて考えること」「表現に工夫をすること」に
小学生のうちから取り組んでいくと、
柔軟な思考力と豊かな表現力を手に入れやすくなります。

スポーツでもなんでもそうですが、
取り組む機会を多く持たねば、社会に通用する力は身に付きません。
本科でしっかりと読解と作文に取り組み、
一生の宝となる表現力・思考力を手にしてもらいたいと願っています。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

教室案内―単科クラス「読解・意見文講座」 [教室案内]

さて、今回は単科クラスのもう一つの講座、「読解・意見文講座」のご紹介です。

この講座は、思考力・観察力・分析力・考察力を育てる講座です。

使用する課題は、文学作品の冒頭・国内外の昔話・時事テーマなど。
話の中に用いられる「もの・こと」が何を象徴しているかを考えたり、
普遍的な人の姿や価値観について思いを巡らせたりします。

読書感想文でよくみかけるのが
「かわいそうでした」「よかったと思いました」
と、一言感想で終わるもの。
そして、
「家族(友達)を大事にしようと思います」「ぼくも、頑張ろうと思います」
のように、決意を述べて終わるもの(その決意がどのくらい強いかは・・・?)。

感想文は、「よいこと」を書かねばならない、と決まってはいないはずです。
しかし、どうもみな、「感想文」となると、「よいこと」「道義的に正しいとされているもの」で
くくりたくなってしまうようです。

読解・意見文講座では、短いお話を用いて授業を行いますが
「感想文」を書く時間ではありません。
話のある部分や行為を取り出して、
「ここにどんな意味があるか」「どんな価値観が潜んでいるか」と考えたり
話の全体を見通して、
「どんな考え方が軸となっているか」「この後はどうなっていくか」を話し合ったりします。
お話は考えを深めるための素材です。
そこから拾い出せるものは、一つに定まるはずはありません。
同じお話でも、数年後読んでみたら、違ったものを見出すことができる、
そんな奥深さを持ったものが「お話」です。

上手に書くこと、
筋道立ててわかりやすく書くこと、
あるいは書く順を決めて、正しく書くこと、
そういったことは、授業ではほとんど取り組みません。
月に1回しかない貴重な機会なのですから、
これまで考えてみなかったことに思いを巡らし、
これまでやってみようと思わなかったような書き方、「本質」を明らかにする書き方に
挑んでもらっています。


この講座は、導入時の私の話が起爆剤です。
「こんなふうに物語を見ることができるのか」と気づいてもらうため
ありきたりの見方や言葉はあえて用いないようにしています。
鋭く切り込む分析・考察とは、そして論文調の言葉とはこういうものなんだ、と
耳から仕入れてそのまま自分も使っていけるよう
作文講座とは違う語調で導入を行っています。

回を重ねていくと、
「あたりまえ・よくある」作文から、
「その人にしか言えない・はっとさせられる」部分を持つ文章へと変化してきます。

考えることは、どの年齢の人でもできます。
難しそうな講座に思えるかもしれませんが、
小2の子も、「自分が語れる精いっぱいのこと」で書けばいいと知っていますので
平気で取り組んでいます。

間違いなど気にしなくていいのです。
作文は、量でもなくスピードでもなく、「質」です。
「光る一文」を入れることを目指して、皆、挑んでいます。

課題の詳しい内容につきましては、
左のカテゴリー一覧から「課題―読解」に区分されている記事をご覧ください。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

教室案内―単科クラス「作文講座」 [教室案内]

今年度は、教室の講座を新たに編成し直しました。
そこで今回から、変更した教室内容をお伝えしていくことにします。

まずは、全体像を!
教室の講座には主に以下のものがあります。

・本科クラス(平日夕方開講、月3回受講いただくクラス)
・単科クラス(土・日に月1回、不定期に開催)
・国語・読解問題攻略講座(月1または3回)
・絵本とことば(岐阜本部教室のみ)
・個別指導(小論文や面接など。受験にも対応)

「単科クラス」の内容は、このブログでもご紹介していますが、
もう一度、改めてお知らせします。

単科クラスは、毎月1回不定期に開催しています。
岐阜では土・日のどちらか、名古屋は日曜日に開催します。
常に席が確保されている本科や国語攻略とは違い、
毎回お申込みいただかねばなりませんが、
ご都合に合わせて、講座をお選びいただくことができます。

単科クラスには2つの講座があります。
①作文講座(午後1時~2時半)
②読解・意見文講座(午後3時~4時半)

今回は、「作文講座」のご紹介です。
このクラスは、多面的にものを見る目と豊かな表現力を育てるクラスです。

まずは、「うれしかった」「たのしかった」でくくる書き方からの脱却を図ります。

文章は「したこと」だけを書くものではありません。
また、「したこと」から導かれることは「うれしい・たのしい」の一言感想だけでもありません。
文章は、自分の体験を他者(読み手)に伝えるばかりでなく、
追体験させる力を持つものです。
体験していない他者に、自分と同じ体験を感じ取らせるためには
その場の背景、人物の表情、色、形、におい、手触り、動きを
「見えるように」描いていくことが必要です。

では、どう書けば「映像化」できるか。
よく言われるように、「詳しく書こうね」では、子どもたちに響きません。
「詳しく」とは、どうすればよいかがよくわからないから、
「詳しく」書けないでいるのです。

教室では、その「詳しく書くとはどういうことか」を具体的に伝えます。
どんな課題をするかというと・・・

・五感を用いて、ものを言葉でスケッチする
・ものを「おいしそうに」「まずそうに」書く
・人の動きを実況中継する。「どのように」を表す語を増やす。
・人の動きをまず観察、その後、書く。一つの動きを引き伸ばして数行で書く。
・5分ほどのゲームのことを3枚に引き伸ばして書く。人物の表情を見せる。
・教室までの道のりを「今、まさに歩んでいるように」書く。
・学校からの帰り道を書く。風景を見せる。人を見せる。
・掃除時間のことだけを書く。
・「嬉しい」と書かずに、人や背景で「嬉しさ」を感じさせる文章を書く。
                              ・・・・・・などなど。

ポイントは、ある場面にとどまって、引き伸ばして書くこと、です。
多くの子どもたちは、「目立つこと」をとびとびに書いて
細かな人や物の描写は省いてしまいます。
当たり前だから書く必要がない、と思っています。
しかし、その「細かなこと」こそが、個別の体験であり独自の目線を感じられるものです。
ですから教室では、「ある日の、あるときの、あの瞬間」とターゲットを絞って書くことを
皆に奨励しています。

上に挙げたような課題に取り組みながら、
もっとざっくりと物事を捉える課題、
たとえば「お父さんのこと」「隣の席の子」「おふろ」などにも取り組みます。
どんなふうにも展開できるような課題の中で、
培ってきた心情描写・場面描写の力を生かして「いきいきと」書いてもらいます。

実は、この作文課題、普段の観察力がものを言います。
まわりをみていても、「観て」いない人は、「わからん」「なにもない」と言ってしまいます。
部分をクローズアップして見ること、引いて全体をとらえること、
この両方の視点を自在に操り、
自分の周りを「観て」いくことが、豊かな表現力を育てていきます。

課題に取り組むうちに、「観る目」が養われますから
文章が変化するだけでなく、観察力・分析力も高まります。
「作文ってどう書いたらいいの?」と思う人は、
まずこの「作文講座」から受講いただくことをおすすめします。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問
教室案内 ブログトップ