So-net無料ブログ作成
光る一文 ブログトップ

2017年1月の課題 [光る一文]

2017年の初めの月もあっという間に終わり・・・、
ではありますが、このひと月の間に、いろいろと決断をしました。
昨年からずっと悶々としていたのですが、
決めたらようやくすっきりできました。
動き出したことを止めないよう、
小さな恐怖に負けないよう、
足を前に運んでいこうと思います。
といいつつ、まだはっきりしていないことも多いので、
お伝えできるようになったら、このブログでも
私の決断について、お知らせしようと思います。

さて、1月の課題。
本科では、生活文と描写を中心に行いました。
最初の週は、冬休みの出来事をドラマ仕立てで書く課題。
2週目は、描写のレッスン。
ちょうどこの頃、雪が降りましたので、
雪や「寒さ」「冷たさ」の描写を行いました。

1週目のドラマ仕立ての課題では、「楽しかった」「面白かった」を安易に使わないように、
実際の出来事を三人称で書く、というようにしました。
ですから、自分のことも、例えば書き手が祐樹君なら「祐樹は急に立ち上がった」と書き、
お母さん、お父さんのことも名前で(「篤がぱっと身を引く」とか)書きます。
誰か別の人間が、自分たちのしていることを見て書いているふうですね。
三人称で書くのですから、自分の気持ちを表すのにも
「~と思った」とは書けません。話者は自分ではありませんから。
ということで、気持ちは、「目を細めた」とか「大きく息を吐いた」とか
表情や仕草で表すように!と伝えました。

この課題、意外に難しくて、
書くことに一生懸命になってくると、名前で書くことを忘れてしまって、
「ぼく」とか「わたし」とかになってしまいます。
動きも主観的な言葉で表すものが増えます。
慣れた子でも、ついそうなってしまうのです。
「ぼく・わたし」を主語におくことが、あまりにも当たり前になっているので、
そうでない書き方、となると難しくなるようです。
(だから、やるのですが!)


その中で、小4から中2の今まで、ずっと来てくれている人の作品が、
すごく完成度の高いものになっていて驚きました。
あれこれと手当たり次第に、いろんなジャンルの本を読んでいるのでしょうか、
ずいぶんと文の作り方がしっかりしてきて、
しかもその中に、わざと置かれた対の表現や隠喩的表現があるのがわかって、
いやはや、いつの間にこの人は
こういう遊びができるようになったのだろう? と舌を巻きました。

おもしろかったので、本人に許可をもらって原文のまま、このブログに載せます。
当然ですが、無断転載や引用はお控えくださいね。

**********************

『海の時間』
中2男子 R

白いつめと、ピンクの肉の間が赤い。その赤の中には、白や茶色や色々な色の小さな砂がはさまっている。砂浜で、手で穴をほったからだ。晴れでもないのに、水も冷たいのに、どうして穴をほったのか、自分でも分からない。いつも、海に来ると、上着をぬいで、ズボンのすそをまくって、ただ、穴をほるのである。遠くの人から見ると、おかしな人に見えるだろう。兄と妹はそれぞれ穴をほっていて、母は、海岸のはしで何をしているのかも分からない。潮が満ちてきたら、自分のほった穴が波によって、どんどんうめられていくのをただながめる。一波ごとに、どんどん穴がなだらかになって行く。そして、穴がなくなる。それをながめる。どっちが最後までのこったかと、二人で言い合う。雲が流れていく。青空が見えたりかくれたり。漁船が行ったり来たり。
母が二人を呼びに来る。三人で、海岸のはしからはしまで歩く。同じくらいの大きさの足あとが三列、続いていく。
海岸のはしには、潮だまりがある。大きいのは、直径が一メートルくらいあるが、小さいのは、岩の上にあって、直径5センチくらい。その、小さな潮だまりの中に、1つずつイソギンチャクがある。まわりには、アオサが一面生えていて、カニやヤドカリもいた。小さな潮だまりの中はまるで指のつめの間に入った砂のように、色とりどりのものがいっぱい入っていた。空が、色づいてくる。カラスが鳴いている。


**************************

うーん。びっくりするな。私には書けない。
以前から、この手の課題には光るものを見せてくれていた人でしたが、
独特な世界を創り出す力をつけてきたようです。
別のをまた書いてくれるかしら。
・・・書いて欲しいなあ。楽しみでならない。





先週の輝く一作 [光る一文]

先週、あるクラスで「どんな世界を作りたいか」をテーマに作文を書いた。
費用だとか今ある国や制度だとかを一切度外視して、
どんなふうな世界だったら、
自分はワクワクとし、動き、新しいものを作り出したくなるか、と
尋ねてみた。

少し先の、自分が目指したい未来。
「今、こうだから仕方ない」なんて諦めを口にしないで、
どんな社会に、どんな人間に育てたいか、だけを考えてみる。

書き方論じ方は自由、
絵で描こうが文章にしようが好きにしてと、
テーマが大きいだけに、それぞれの今あるものが出ればいいと言って、書いてもらった。

小5からずっと来ている中3男子、S君。
入室当初から、切り口や定義づけに見るべきものを持つ人だったが、
今回のものには・・・、
口数の少ない彼の内部で、
何かが育まれ磨かれ続けていたのだと
感じずにはいられなかった。

注釈は必要ないと思う、
ぜひご一読を。

___________________

類人

人間がもっている本能は、今、自分で考えると、生存本能だと思う。生存本能があるのに、自殺がおこるのはおかしいと考えるかもしれない。他人から見ればただの自殺、でも自殺者からすれば、生のための死だと考える。自分が生きていられないというのは、自分が今死んでいる状態をあらわすような感じもする。つまり人間は、生物的な生存ではなく、人間的生存本能をもっている。その人間的生存本能は、一般の生物の生存本能とは少し異なる。人間の生存本能には、感情が関係してくる。自殺のニュースを見ると、自殺の理由で、学校のいじめや、職場のトラブルなどでの、負の感情が主な要因である。反対に、僕達が生きる理由として、将来にイイ事、幸せなでき事などの、正の感情があると思う。
実際には、正や負の感情になるためのキッカケや、ものなどは、人それぞれであり、共存なんてできるわけがない。例えば、AさんとBさんで、Aさんは人を殺して正の感情をえて、人と関わることで負の感情をいだくとする。またBさんは、人と関わることで正の感情、人を殺すことなどが負の感情になるとすると、対立が生じるのは目に見える。物の見方の尺度が違えば対立が生じるに決まっている。人を殺したら悪いって誰が決めた。Aさんにとってこの世界は、敵地みたいなものだ。
人間はみな、人間的生存本能をもって、そのために正負の感情がある。でも、この世界は自由があるがために、ものさしがバラバラだ。例えば数学で、自分だけのものさしで長さをはかったら、本当の長さとは違う。じゃあ本当の長さって何だ。それは世界が勝手に決めた定規ではかったものだ。この定規は、人類みなに共通していると考えていると言ってもよい。しかし、人類のものさしはバラバラである。
このバラバラなものさしが世界をゆがませている。これらのものさしの平均をとっても何の意味もない。中央値をとってもだ。このゆがみは、ものさしを統一するしかなおせない。ものさしの統一は、洗脳と言っても良い。
人間を洗脳すればよい。人間を人間にして、人間のかたまりにすればよい。しかし、それでは個性というものがなくなる。個性がよさ、確かにそう思う。個性、不平等だからこそ、この世界は変わりつづける。さっきいったゆがみがこの世界を不安定する。世界が安定した場合、シーソーがつり合ったように、何もおこらない。不平等こそが、優越こそが、正負の感情を生み、人間をつくりだした。不平等でなければ、死の中の生である。何もうまれない。だが、そのかわりに、シーソーがつり合い、ひたすら同じ時を同じことですごすことができる。
人間が人間だという確証などないし、何をもって人間と言えるかもわからない。矛盾ばかりでしかない。人間が人間であるためには、人間が人間であることもすてないといけない。


*全部はもちろん、一部であろうと、上記文章の複製を禁じます。

先週の光る一文 / 羅生門読解 [光る一文]

羅生門読解。

「今まで、はだかであつい砂ばくを歩いてきた人に、服をわたすのといっしょだ。使い方もわからないのにたった1日でされるわけがない。使えるわけがない。(中略) 今の私達、そして日本は、戦争に関する憲法を変えようとしている。じえいたいがじゅうをもつことができるようになるのだ。それは、その国の人と同じように、急にじゅうを持たされたら、かっこうだけはできるだろうけど、実際に人をうつことがゆるされていても、うてないと思う。手がふるえてきてしまうと思う」(小学生女子)

使うことが許されても、使えない。
「今まで私達が歩んできたのは、戦後というほこりをもつことのできる大きな道」だから、いくら許されても、これまでの歩みが、自分自身にそれを行うことを許さないだろうと彼女は言う。
これまでの道に反する大きな力を、私たちは制御できるだろうか。使い方もわからない大きな力を。

「雨」 光る一文 [光る一文]

雨から始まった10月。
今日はせっかく雨が降ったので、雨をつかまえる課題をしました。
今日の雨の姿を細かく、うんと近寄って描きます。

今日が2度目の参加の女の子。 
ちゃんと自分の目で見た雨をことばにしました。

「とうめいのかさでもようは、ミニーちゃんのかさでした。リナちゃんは、まっすぐかさをもっていました。かさのうえには、雨がおちてくるのもいました。かさのうえでじっとしていたのもいました。」

かさのうえでじっとしている雨。
いいですね。滑り落ちないようにじっとしてるんだ。
小さなちいさな雨のしずく、
そっとそのままにしておきたくなります。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

光る一文 [光る一文]

毎日ブログを書くこと、1週間できました。びっくり。
たいしたこと書いていないけど・・・
などと言うと、前は「たいしたこと」書いてたのかって
つっこみ入れたくなりますね。

そうか、書けるんだ。
では続けてみましょう。

先週「一寸法師」の読解をしたときの光る一文。

『人間にとって、身長が伸びるというのは一部では嬉しいことである。でも身長が伸びない一寸ぼうしにとって、伸びる嬉しさがない。その嬉しさを体験するために都に行ったのだと思う。』

伸びる嬉しさがない。
どきりとしますね。伸びる嬉しさが、人を駆り立て、粘らせるのです。

光る一文 ブログトップ